>レポート>住宅診断をする意義【家と家族の安全を確保】

住宅診断をする意義【家と家族の安全を確保】

男性

点検口の有無が重要

一戸建て住宅の耐震性に問題が無いか、雨漏りなどの問題が発生していないか確かめるための住宅診断は、5万円から7万円ほどが相場となっています。ただし屋根裏や床下の点検口が無い場合には、点検作業を行うのが少しばかり難しくなる場合もあるので、調査費用が少し高くなる場合もあるので注意してください。一回の住宅診断でチェックしてもらえる範囲はとても広いので、7万円から10万円ほどの費用であったとしても、支払う価値があったと感じている人も多いです。床下や屋根裏に調査員が進入して点検する場合には、9万円から15万円ほどの費用が必要になる事もあります。家屋の広さによっても調査費用は変わってくるので、まずは住宅診断を行っている企業のスタッフに相談をしてください。

つみき

業者側の情報を確認

自宅に何か問題が発生していないか確かめるために、住宅診断を業者に依頼しようと考えた際には、まずは業者の情報を細かく調べておく必要があります。建築士の資格を持っているスタッフが住宅診断を行ってくれるのであれば、住宅の細かい問題点まで確かめてくれるので、安心して作業を依頼しやすいです。住宅診断を行う担当者は一級建築士ではなく、二級建築士の資格を持っている場合もありますから、スタッフの技術力の違いも確かめてから申込をしてください。二級建築士でも一定の知識は持っているので、住宅に発生している問題点を見つける事はできます。住宅診断の実績が豊富な業者を頼っておく事も重要なので、何年前から営業している企業なのか、詳細な情報を確かめてみてください。